導入シミュレーション

コストダウンと環境対策を両立できる一石二鳥の技術を検証しました

遮熱効果と高反射率により、遮熱塗料のミラクールはコストダウンと環境対策のふたつを実現できる塗装技術です。遮熱効果により室内温度の上昇とを抑えることから、冷房代を大きくコストダウンでき、高反射率により表面温度の上昇を抑えることからヒートアイランド対策などの一助となっています。また電気代をコストカットできるということは、発電時の排出二酸化炭素量の低減につながるということ。施工によってどれほど変わるかということを、実際に実験して試してみました。

シミュレーションの結果、こんなに節約できました。

省エネ効果・費用対効果

劣化したシルバー塗装の倉庫で遮熱塗料ミラクールのエコシミュレーションを行いました。
結果としては、遮熱塗料ミラクールの施工により日射吸収率が1/7 に抑えられ、平均値で室内温度が3℃、最高値では9℃も異なる結果となりました。以下に詳細数値と電気料金などのコストダウンシミュレーションを掲載します。

実験に使用した倉庫について

軒高:10m 屋根塗装面積:5,000平方メートル
屋根材:鋼板(0.8mm)+ポリエチレン発泡板(4mm)
換気回数:1回/時間
壁面材:ALCパネル(100mm)窓 北面:20平方メートル、東面:10平方メートル、南面:20平方メートル、西面:10平方メートル
導入シミュレーションに使用した倉庫
塗装前
(劣化したシルバー塗装)
塗装後
ミラクール(クールホワイト)
日射吸収率 0.70 0.10
平均値:東京2004年6月~9月 7時~18時
日照時間平均 日射量381.01(Kcal/平米・h)外気温27.8℃
屋根相当外気温度(℃) 41.10 29.70
空調設定温度(℃) 26.00 26.00
内外温度差(℃) 15.10 3.70
最高値:東京2004年7月20日 日射量779.14(kcal/平米・h) 外気温38.9℃
屋根相当外気温度(℃) 66.20 42.80
空調設定温度(℃) 26.00 26.00
内外温度差(℃) 40.20 16.80
電気料金の削減(夏期4か月) 1,182,816円
基本料金の削減(1か月あたり) 253,289円
削減できる原油換算 6,419リットル(ドラム缶36本分)
CO2排出削減量(1か月あたり) 8,991Kg(樹木52本が年間に分解する二酸化炭素相当)
  • ・日射吸収率はJIS A 5759で規定されている350〜2,100nmの値を使用。
  • ・電力計算はCOP=2.6の空調機を想定して算出。
  • ・電気料金は東京電力 高圧電力A(基本料金1,223.75円/kW、電力料金 11.84円/kWh 2008/4/1現在)で算出。
  • ・樹木は幹の太さ150cmを想定。
導入シミュレーション 実際に導入された場合、どれだけお得&エコなのか試算します
※どなた様でもお申し込みいただけます。お気軽にお問い合わせください。