ブログ

塗料の試験について ~その②光沢保持率

 

塗膜は、光や雨、風に晒され続けると、色褪せて輝きを失っていきます。

そこで、塗膜の劣化具合を測る方法の一つに、
「光沢保持率の測定」というものがあります。

 

光沢保持率とはその名の通り、塗装直後の塗膜のツヤを100%とし、
そのツヤを何%維持できているかを示したのです。

 

 

遮熱塗料のJIS規格でも使用される指標で、
「促進耐候試験〇〇時間後、屋外暴露試験〇年後、
光沢保持率〇〇%以上」などの基準を設けています。

測定方法は、塗膜の上に光沢計を乗せてスイッチを押すだけです。

人間の肌年齢を測るような感覚ですね。

カテゴリー: ブログ, 日記 タグ:

新着記事

2019年7月16日放送のNHKニュース おはよう日本 おはBizの放送で遮熱塗料をご紹介いただきます。
「FOOMA JAPAN2019」最終日です
FOOMA JAPAN2019にてミラクールをご紹介いただいています
九州猛暑対策展にてミラクールをご紹介いただいています
省エネ・節電EXPO始まりました
西日本食品産業創造展にてミラクールをご紹介いただいています