日記

空調の設定温度

暑い夏がやってきました。
節電のために冷房設定温度を28℃にするところが増えました。
しかし、設定温度を28℃にしても、作業スペースの室温が30℃を超えているケースが散見されます。理由としては、温度センサーの位置が悪かったり、冷房能力が弱くて室温を下げるのに時間が掛かるなどがあるのだと思います。
先日ある会議室で室温が高く不快な状況でしたので、冷房設定温度を下げようとしました。
ところが、温度設定の装置が28℃でロックされており変更できないのです。
室温を28℃程度にしましょうという趣旨だった筈なのに、設定温度を28℃にすることが目的となっているのには違和感を感じます。
当社の遮熱塗料「ミラクール」はいままでエアコンを最強にしても30℃以上あった事務所が、塗装後には28℃設定で十分にエアコンが効くようになった、なんて話をよく聞きます。
NF

カテゴリー: 日記

関連記事

      関連する記事はありません

新着記事

オリンピックマラソンコース
「ミラウォールMK」テスト施工に行ってきました
塗料の試験について ~その②光沢保持率
遊園地にて
ハイウェイテクノフェア2018
塗料の試験について ~その① 付着性試験